プライバシーポリシー

プライバシーポリシー

本ページでは有限会社東京リスクマネージメント(以下弊社)の収集した個人情報の取り扱いについてのポリシーをお知らせしております。弊社は、弊社を信頼して個人情報を提供してくださった皆様との信頼関係を何よりも大切にします。

その信頼を失わないために、どのような場合にも、このプライバシーポリシーに則り、皆様の個人情報の取扱には細心の注意を払っています。

弊社から商品をご購入された場合や弊社に個人情報を登録していただいた場合は、弊社のプライバシーポリシーにご同意くださったものと考えさせていただきますので、本プライバシーポリシーの内容を熟読してご理解下さい。

弊社は、個人情報保護の重要性に鑑み、また、保険業に対する社会の信頼をより向上させるため、個人情報の保護に関する法律(個人情報保護法)その他の関連法令・ガイドライン等を遵守して、個人情報を適正に取り扱うとともに、安全管理について適切な措置を講じます。

弊社は、個人情報の取り扱いが適正に行われるよう、従業者への教育・指導を徹底し、適正な取り扱いに取り組んでまいります。また、個人情報の取り扱いに関する苦情・相談に迅速に対応し、弊社の個人情報の取り扱いおよび安全管理に係る適切な措置については、適宜見直し、改善いたします。

1.個人情報の取得
弊社は、業務上必要な範囲内で、かつ、適法で公正な手段により個人情報を取得します。

2.個人情報の利用目的
弊社は取得した個人情報をお客様への情報提供・各社の商品・サービスのご提供のために必要な範囲で利用します。その他の目的に利用することはありません。
上記の利用目的を変更する場合には、その内容をご本人に対し、原則として書面等によりご通知し、またはホームページへの掲載などの方法により公表します。
保険会社・各提携会社の個人情報の利用目的は、各社のホームページに記載してあります。

3.個人データの安全管理措置
弊社は、取り扱う個人データの漏えい、滅失またはき損の防止その他の個人データの安全管理のため、安全管理に関する取扱規程等の整備および実施体制の整備等、十分なセキュリティ対策を講じるとともに、利用目的の達成に必要とされる正確性・最新性を確保するために適切な措置を講じています。

4. 個人データの第三者への提供
弊社は、個人データを第三者に提供するにあたり、以下の場合を除き、ご本人の同意なく第三者に提供しません。

(1) 法令に基づく場合
(2) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(3) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のために特に必要がある場合であって、本人の同意を得ることが困難であるとき。
(4) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合であって、本人の同意を得ることにより当該事務の遂行に支障を及ぼすおそれがあるとき。

5.センシティブ情報の取扱い
弊社は、政治的見解、信教(宗教、思想及び信条をいいます。)、労働組合への加盟、人種及び民族、門地及び本籍地、保健医療及び性生活並びに犯罪歴に関する個人情報(以下、「センシティブ情報」といいます。)を、次に掲げる場合を除くほか、取得、利用又は第三者提供を行いません。

(1) 保険業の適切な業務運営を確保する必要性から、本人の同意に基づき業務遂行上必要な範囲でセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(2) 保険料収納事務等の遂行上必要な範囲において、政治・宗教等の団体若しくは労働組合への所属若しくは加盟に関する従業員等のセンシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(3) 相続手続を伴う保険金支払事務等の遂行に必要な限りにおいて、センシティブ情報を取得、利用又は第三者提供する場合
(4) 法令等に基づく場合
(5) 人の生命、身体又は財産の保護のために必要がある場合
(6) 公衆衛生の向上又は児童の健全な育成の推進のため特に必要がある場合
(7) 国の機関若しくは地方公共団体又はその委託を受けた者が法令の定める事務を遂行することに対して協力する必要がある場合

6.弊社に対するご照会
当ホームページ記載のお問い合わせ窓口にお問い合せください。
また保険事故に関するご照会についてはお問い合わせ窓口のほか、保険証券に記載の事故相談窓口にお問い合わせください。
ご照会者がご本人であることをご確認させていただいたうえで、対応させていただきますので、あらかじめご了承願います。

 

代表者 大室順一郎について

代表者 大室順一郎について

東京都足立区出身

●幼少期
かなりやんちゃ。 海好きな父がしょっちゅう海に連れて行ってくれました。またこの頃2度生死をさまよっています。

①海でいとこと一緒に溺れ、泳げない彼の浮き輪代わりに。。。
②自転車で道路を縦横無尽に走り回り、タンクローリーに轢かれました。

休日は朝5時に起きて少年野球。
平日は実家が食品店を営んでいたので、店番を任されていました。
また1時間かけて田舎の学習塾に通っておりましたが、ほとんど虫取りにささげました。


●中学時代
柔道部副部長として、柔道に明け暮れる。
強豪校だったため練習量がものすごく、授業はほとんど睡眠に当てられました。
部内で最軽量ながらも、都大会でも常にベスト8くらいの成績は残してたんですよ。
残念ながら丸刈り・汗臭いイメージetcで女の子には見向きもされませんでした。


●高校時代
柔道部部長として、弱小柔道部を引っ張っていました。
またバイクに熱中するようになり、バイク好きの仲間達と色々な場所へ行きました。
バイクは勉強では得られない色んな事を教えてくれました。
この頃は、本気でバイクレーサーになることを夢見ておりました。


●大学時代
国際政治経済を専攻していました。
入学直後、学内でサークルを立ち上げ代表となるも、サーフィンの魅力に取りつかれ同級生に代表をバトンタッチ(浅川君ゴメン)。足しげく海に通っておりました。

卒業前にはサーフボードを抱え、カルフォルニアを縦断しました。


●趣味
読書:学生の時には見向きもしない勉強をいろいろするようになりました。
心理学・経営学・財務・マーケティングなど雑多な書物を読み漁っています。
またさまざまなビジネススクールにも通いました。

学生の勉強とは違い、習得したものが仕事へ反映されるので、苦もなく勉強が続けられるんでしょうね。はっきり言って楽しい。
実は、このホームページでもマーケティングのノウハウを盛り込んでいます。

写真:東京から通えるような海でも息を呑むほど美しいんです。
ご興味のある方はコチラへどうぞ。

サーフィン:海の奥深さに取りつかれています。

海外の秘境のような海にも、沢山訪れました。

軟派なスポーツというイメージがありますが、実際は軽く船が転覆するような波の中、ボード1枚で沖に出て行くわけですから、かなりハードです。危険な目にあわないためにも、普段から体を鍛えています。

もちろん真冬でも海に入るんですよ。

オートバイ:私の父も好んでバイクを乗り回していましたが、血筋でしょうか。(笑
実は「サハラ砂漠やゴビ砂漠を横断するツアーに参加する」という夢を持っています。

登山:エベレスト清掃登山で有名な野口健さんの本を読んでから、完全に感化されました。
なかなか時間が作れませんが、数年前に東南アジア最高峰『コタ・キナバル』
(4,095m)に登頂してきました。出来るかぎりハードな登山が好みです。

嫌い
根性ナシ。

好き
犬・海・バイク・格闘技・芋焼酎。

 

会社概要

ご覧になっているあなたへ

わたしはあなたに絶対に損をさせたくないと思っています。

あなたに『知識がない』というだけで、保険会社・事故相手の良いようにされるのは、黙って見てられませんから。

真剣にご検討されているあなたは、ここをご覧になっていると思いますが、ご依頼いただいた案件は、事が起きても万全の補償となるよう、電話で一件一件状況をうかがい、特約を吟味し時間を掛けて、保険を設計しています。

実際に事故が起こることを想定して、ご相談くださったお客様がいざというときに困ることのないよう一件一件、設計に魂入れてます。

お客様になるということは、非常に長いお付き合いをさせていただくということです。
すこしでも「こいつ生理的にあわんな。」と思った方は、後日、お断りいただいて結構です。

込み入った事故の処理は、お互いの信頼関係を必要とします。
お客様とは信頼関係を築いていける、末永いお付き合いをしたいと考えています。

 


代表者略歴

□平成8年 三井海上火災保険株式会社入社・損害保険営業・事故処理業務等、広く従事。
□平成10年 外資系大手生命保険会社にて、生命保険集中研修。専門課程取得ライフコンサルタント認定(9900389349)・損害保険大学専門認定資格取得
□平成11年 全国MVPタイトルを2種目で獲得。変額保険資格・証券2級外務員資格・特級損害調査資格取得
□平成12年 同期IA主席にて三井海上火災保険株式会社退社。
有限会社東京リスクマネージメント設立
□平成13年 AFP資格取得、特定非営利活動法人日本ファイナンシャルプランナーズ協会加盟(No.39422473)
□平成15年 厚生労働省ファイナンシャルプランナー技能士認定(F第20210644108号)

代表者:大室順一郎について

会社概要

□名称  有限会社東京リスクマネージメント     
□設立 平成12年3月
□所在地 本社:東京都千代田区神田小川町2-8サニーセントラルビル3F
□代表者 大室順一郎
□資本金 3,000,000円
□取引銀行 三井住友銀行 城北信用金庫
□代理店業資格 損害保険大学専門認定・生命保険専門課程・特級損害調査資格・日本商工会議所・東京商工会議所共済・中小企業庁団体PL・東京都商店街連合会団体契約取り扱い店
□所属保険会社 三井住友海上火災保険株式会社

経営信条

□自分をお客・お客を自分と思うべし!
□取り組んだら最後までやりとおすべし!
□物事を前向きに捉え、すべてを吸収すべし!
□押し売りは決してするべからず!
□お客のため、己のために常に精進すべし!
□お客が事業に専念できるよう、全力でサポートすべし!!

弊社は事業家への保険提供・契約保全を メインにすえ、指折りの事業保険、取り扱い件数・事故処理件数を誇っています。

その蓄積されたノウハウを駆使し、すべてのアドバイスを行っています。
お客様は売上を伸ばすため、事業に専念してください。
弊社が御社の「面倒」をお引受けします。

私たちのお約束

「金融商品の販売等に関する法律」に基づき、当代理店の金融商品の勧誘方針を次のとおり定めましたので、お知らせいたします。

  • 1.商品の販売にあたっては、保険業法、金融商品の販売等に関する法律その他の関係法令等を守り、適正な販売に努めてまいります。
  • 2.商品の販売にあたっては、お客さまに商品内容を十分ご理解いただけるよう、知識の修得、研さんに励み、わかりやすいご説明に努めてまいります。
  • 3.お客さまの商品に関する知識、ご購入目的、財産の状況等を総合的に勘案し、ご意向と実情に沿った商品をご選択いただけるよう努めてまいります。
  • 4.市場の動向に大きく影響される商品については、お客さまの判断と責任において取引が行われるよう、適切な情報提供に努めてまいります。
  • 5.商品の販売にあたっては、お客さまの立場に立って、時間、場所等について十分配慮するよう努めてまいります。
  • 6.万一保険事故が発生した場合におきましては、保険金のご請求にあたり適切な助言を行うよう努めてまいります。
  • 7.お客さまのご意見、ご要望等をお聞きし、商品ご提供の参考にさせていただくよう努めてまいります。
 

弊社の収益構造・役割

弊社の収益構造・役割

お客様からご連絡を頂いてから、弊社の収益となるまでをご説明します。

  1. ご契約者様からのご紹介・タウンページ・ポスティング・新聞広告・インターネット等にて弊社をお知りになられたお客様から、ハガキ・お電話にて、資料請求・訪問依頼をいただきます。
  2. お客様に資料を郵送します。説明が必要と判断される場合は、直接うかがいます。
  3. ご希望のサービスにより、適宜必要なコンサルティングを行います。
  4. サービスの中に含まれる、保険・保証商品についてご検討いただきます。
  5. お客様が保険・保証商品を必要とされ、ご契約いただく場合、重要事項の説明・お客様からお申込書・保険・保証料を頂きます。
  6. お客様からお預かりしたお申込書・保険・保証料を各保険・保証会社に提出し、契約が成立します。
  7. 保険・保証会社から弊社に代理店手数料が支払われます。

弊社の役割

弊社は損害保険会社との委託契約に基づき、保険契約の締結・保険料の領収・保険料領収証の交付・契約の管理業務などの代理業務を行っています。

したがって、弊社とご締結いただいた損害保険契約につきましては、保険会社と直接契約されたものとなります。 保証・生命保険契約については、保証・保険会社の成立承認を弊社が媒介する形態となります。

事故処理・保全業務について

保険契約は難解な約款により構成されています。
約款は発生するであろう全ての事故ケースに対応するよう、消費者から見れば、文章解釈が様々な解釈に取れるような非常に難しい文面になっています。

弊社は約款・判例に基づき保険会社とお客様の間に立って、お客様の権利がきちんと守られるよう保険金支払い金額の調査・書類作成・保険会社との交渉など、全力で交渉にあたっています。

弊社にとってこれらのフォロー業務は、契約継続率の向上、口コミによる新規お客様のご紹介など、善循環の要素として最重要課題でもあります。

 

当サイトご利用の注意

当サイトご利用の注意

有限会社東京リスクマネージメント(以下東京リスクマネージメント)は、当サイトのファイル及び情報に関し、以下のとおり規約を定めます。

(所有権)
第1条

(1)当サイトを構成するファイルとその情報(保険の募集文書、判例タイムズを除く)については、「東京リスクマネージメント」に帰属するものとします。
(2)保険の募集文書について詳しくは、三井住友海上火災保険㈱、三井住友海上あいおい生命保険㈱の『パンフレット及び契約のしおり』をご覧下さい。
(3)当サイトの利用者は、すべてのファイルとその知り得た情報(eメールを含む)について生じたすべての法的責任を負うものとします。

(著作権)
第2条

(1)当サイトを通じて提供される情報(eメールを含む)は著作権法で定める利用者個人の私的利用の範囲外の使用をすることはできないものとします。
(2)「東京リスクマネージメント」の許諾を得ないで、いかなる方法においても、第三者をして当サイトを通じて提供されるいかなる情報について、使用させたり、公開させたりすることはできないものとします。
(3)規定に違反して紛争が発生した場合、利用者個人の費用と責任において解決するとともに、「東京リスクマネージメント」をいかなる場合においても免責とし、損害を与えないものとします。

(免責事項)
第3条

(1)「東京リスクマネージメント」は、当サイトを通じて提供される情報(eメールを含む)については、その完全性、正確性、確実性、有用性等のいかなる保証も行わないものとします。
(2)当サイトの提供、変更、中断、中止もしくは廃止、当サイトを通じて提供される情報等の流失もしくは消失等、又はその他、当サイトに関連して発生した損害については一切の責任を負わないものとします。

 
1